Henty ブランドストーリー

ヘンティーの創業者ジェレミー・グレイとジョン・グーレイは、かつてシドニーでサラリーマンをしていたころ、スーツなどのビジネスウェアを日常的に運べるバッグがなかなか見つからず、苦労していました。というのも、二人ともサイクリストでトレーニングも兼ねて自転車通勤をできるだけしたかったためです。そこで、二人は二年の開発期間をかけて、2012年に全天候型の通勤・旅行用ガーメントバッグ「ウィングマン」を開発しました。

ウィングマンの開発の際、ジェレミーとジョンはただ自転車に乗って使えるガーメントバッグを作る、ということを目的としませんでした。会社や目的地に着いて、すぐにスーツを取り出し使える実用性、つまりスーツにできるだけ皺が寄りにくいようにする、ということに腐心しました。

そこで完成したのがWingmanの最大の特徴である、丸めて収納する構造です(豪州欧米他特許取得済み)。柔軟性のある特殊形状プラスチックの構造材により、Wingmanは広げるとフラットになり、丸めると潰れることなく筒状形状を保ちます。これによって、折りたたむことなくスーツなどの内容物を収納しますので、従来のガーメントバッグと比較して中に入れるスーツなどに着く皺を大幅に低減いたします。

2014年には予てから要望の多かったランナー向けのウィングマン、「ウィングマン・バックパック」が登場いたしました。

ウィングマンシリーズの成功を受けて、ジェレミーとジョンは更なる新商品群を開発中です。

Henty社の社名は、同社が本拠を置くオーストラリア、タスマニア島の地名に由来します。

Henty社本国ホームページ: http://henty.cc
http://henty.jp.net